トッポギのレシピ

モチモチ美味しいトッポギを、お家で作ってみましょう。トッポギはトッポッキとも呼ばれる韓国のおもち料理で、トックという韓国餅を使用します。日本のおもちはもち米を杵づきしたものを丸めたり、のして切ったりしたものが一般的ですね。また加熱すると柔らかくなり、汁の中で加熱しすぎると柔らかくなりすぎて溶けてしまいます。しかしトックはうるち米を使って作るためねばりが少なく、煮込んでものびたり溶けたりすることがありません。日本のおもちよりも調理しやすく、特にトッポギは甘辛い独特の風味で人気があります。おうちでも韓国レシピで手作りしてみましょう。

トッポギはトックをコチュジャンと砂糖で味付けした、甘辛い味がクセになる汁気の多い炒めものです。屋台で人気のメニューです。おやつとして食べられることが多く、大人から子どもまで大好きな軽食です。ソウル名物で、観光の合間に食べた方も多いのではないでしょうか。最近はレトルトも販売されていますが、材料のトックも手に入りやすくなりました。

おかずとしてもおやつとしても食べられるトッポギのレシピです。まずはトックを水に10分間漬けます。その間に長ネギ・キャベツ・さつま揚げを切りましょう。トッポギは続いてお湯で10分間茹でます。鍋にごま油を熱して生姜のみじん切りとネギを炒め、続いてキャベツとさつま揚げを入れてざっと炒め合わせます。そこにコチュジャン2に砂糖3醤油1の割合で混ぜたものと、スープを入れて軽く煮込みます。

簡単レシピですが、韓国の屋台で食べるトッポギに迫る美味しさですよ。一晩おいて次の日に食べるとトックに味が染み込み、よりまろやかで美味しくなります。コクがあってご飯にも合うトッポギですが、オイスターソースやホワイトソースともよく合います。チーズ焼きやクリーム煮などいろんなレシピにチャレンジして、可能性を広げてみましょう。

トッポギ情報